クラウドバックアップ

大切な電子カルテデータを守るために
手間知らずのクラウドバックアップをお勧めします。

電子カルテのクラウドバックアップ概念図

クラウドバックアップ・オプションの特徴

一度設定すれば、自動的にパソコンからクラウドストレージにファイルがバックアップされます。

災害等でバックアップデータが紛失された場合に、クラウドデータからデータを復元できるので安心です。

データは暗号化されて転送され、保存データも暗号化されているので、機密性が十分に担保されています。

クラウド・データセンターは、セキュアなネットワーク、並列型サーバーでの冗長化ITインフラ、ユーザ毎に保護されたアカウント、24時間監視などの情報セキュリティで守られています。

データセンターは、地震、津波、雷、台風などの自然災害リスクが低い青森県にあり、本線・予備選の二回線受電、冗長化された非常用発電機などの災害対策も万全です。

価格 月額3,500円

クラウドバックアップの必要性

クラウドバックアップサービスを使えば、手動作業などは必要なく、全て自動でバックアップされます。
クラウドバックアップは様々なリスクから電子カルテを守り、日常の運用管理業務を効率化し、人的コストも軽減します。

  • 院内でのバックアップは、人の手間だけでなく、外部HDD容量や使っているPCへの負荷の問題が発生します。
  • 院内でのバックアップは、バックアップ機器の故障などからデータを守れません。

ページトップボタン