歯科電子カルテのオプテック企業理念

株式会社オプテックの企業理念
当社は、「歯科診療の高度化と医療機関の経営安定化を通して、健康で豊かな社会創りに貢献すること」を理念とした事業活動を行なっています。
近年、治療計画や治療状況の開示に関する法的・社会的ニーズの高まりにより、 医療機関・患者・保険者の三者相互の「理解」と「納得」が得られる「証拠」の作成・保存・提示が求められるようになってきています。
業界初のデンタルPOS®によるPOMR診療録の実践、デンタルSOAP®によるSOAP方式のカルテ記載機能、高機能レセコン、レセプトオンライン化、リモート運用サービス、 さらにWEBによる情報活用など、先進的な研究開発とサービス向上により、歯科業界の発展に貢献してまいります。

「企業理念」の具体的取り組み姿勢

オプテックでは、お客様に安心快適に弊社の電子カルテや電子レセプトシステムをご使用いただくために、 全社一丸となってシステムの改善改良とサービスの向上に取り組んでいます。
レントゲン装置、歯周検査機器、チェアーサイド端末など外部のサプライヤー様の協力も得て、 外部機器と弊社電子カルテや電子レセプトとの連携品質の向上にも常時注力しています。
また、多くの歯科医療関係者様からの様々なご意見を真摯に受け止め、システムの品質向上、 サービス向上に反映していくことで、歯科業界の発展に少しでも寄与できるように努力をしてまいります。

納入後のサポートは、技術とサービスの両輪で安心をご提供

電子カルテや電子レセプトに対する歯科医院内での要望は多岐にわたり、 100の医院があれば100の要求があると言っても過言ではありません。
オプテックのシステムは、これらの要求や問題を、過去の実例から照らし合わせて可能な限りシステムに組み込めるよう 柔軟なシステム構造でデザインされています。

企業理念1
  • 品質がよいシステム、使いやすいシステム、個別医院の要望を限りなく組み込むためのフレキシブル構造設計
  • Windows 環境下でのオープンテクノロジー思想
  • 機能品質向上や、導入後の問題を未然に防ぐための社内開発審査システム
  • 各機能や個別要求の潜在的なリスクを徹底的に洗い出すためのデザインレビューシステム
  • システムの使用中、使い方が分からなくなってもお手元の画面に対して、弊社担当者がリアルタイムリモート方式でサポート
  • 点数改正はユーザ様にご負担をお掛けしないようにリモートでサポート
オプテックでは、このような設計システム、社内システムにより、 商品が実用的に十分な機能・性能を発揮できるよう万全を期しています。

歯科医院の経営安定化支援

歯科医の経営安定化のためには、なによりも患者さんが増えることが第一です。
オプテックでは、使い易く分り易い電子カルテや電子レセプトの開発だけではなく、 歯科医院の経営安定化のためのITサービス機能の研究開発にも積極的に取り組んでいます。

企業理念1
  • ホームページやWEB検索エンジンを活用した新規患者さん獲得のプロモーション
  • 携帯電話、スマートフォンの活用による顧客サービスの向上策
  • ウチの医院を知らない患者さんにどうアプローチするか?
  • リピートそして自費患者さんになるファン患者さんを増やす取り組み
  • 予防歯科、訪問診療の取り組みをおこなうためのITサポート
など、歯科医院の経営安定化のために活用できるIT技術の開発も行っています。

歯科診療の高度化のためのITシステム

歯科医療の高度化には、医院内での情報システムの統合化が欠かせません。
オプテックでは、分院管理のためのリモート接続機能やモバイル端末利用による 訪問診療のIT化など、先進の技術を活用したITシステムにより、治療のさらなる高度化を目指しています。

企業理念3
1)医療情報や指示事項等の共有化

カルテなど医療情報を電子化し、医院内ネットワークの構築により 歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・請求事務担当者等のコミュニケーションや 連絡事項及び指摘事項、関連知識情報を共有化する事が可能となります。

2)安全なインターネット接続のためのサービス

インターネット接続は、レセプト請求のオンライン化のみならず、 臨床実例や、他医院の情報、医師仲間との情報交換、最新の医療技術と医学知識などを得られ、 診療方法の改善や患者サービスの向上などに必須の道具になっていますが、オプテックでは安全な接続のための アドバイスやサービスを提供しています。

3)事務作業の自動化・一体化

電子カルテ(医療情報システム)に入力した患者情報、受付情報、診察・検査・処置内容などは、 自動的にレセプトデータや患者提供データなど、保険請求に関係するデータにすることができ、 医院内での事務作業の大幅な効率アップが図れます。

ページトップボタン