データ変換、システム連携ついての質問

オプテックの設計思想は、完全なオープン型になっていますので、リンクする相手が閉鎖的でなければ、 すべて可能です。
ほとんどの 主要デジタルX線システムとも連携実績済 です。 その他、患者管理、予約システム、歯周管理等のシステムと連携する事が可能です。 基本的にどことでもリンクする方針でやっております。 先生のお使いのシステムが連携可能かどうか、お気軽にお問い合わせ下さい。

他社システムの患者データは移行できますか?

ほとんどのメーカのデータ移行が可能です。
詳細につきましては、お電話か メールでお問い合わせ ください。

日歯のレセコンとはどう違いますか?

レセコンを持っていない日歯会員には、簡易的なレセプト発行のレセコンソフトがあります。
安価で余分な機能が無いので、小規模なレセプト発行だけをお考えでしたら、一つの選択肢として考えられると思います。
当社のシステムは、POS医療の概念を歯科に適用した「デンタルPOS®」体系に基づいたカルテ作成を行います。 つまり、インフォームドコンセント提供を強く意識した、統合カルテ&レセコンシステムですので、自ずとそのコンセプトが全く違います。

他社のレセコンとはどう違いますか?

多くの歯科レセコンシステムは、ソフトの内容指示に沿って診療明細請求書を作り、そこからカルテを作成する設計になっています。 その便利さから、本来の診療の手順に沿った時系列診療録ではなく実態に乏しいカルテとなりがちです。 専門家が見れば矛盾だらけのカルテになる可能性があります。
Opt.one®の歯科カルテシステムは、デンタルPOS®(POS医療の概念を実装)によるPOMR式診療録で、エビデンスに基づくカルテ記載を保障します。
また、各社デジタルレントゲンをはじめ、予約ソフトや会計ソフトなど多くのソフトウェアと連携可能なオープン型設計となっていて、 原簿データの共有だけでなく検査画像のカルテ貼付けなど、互いのシステムの特徴を生かした相乗効果で高品質なITソリューションを提供できます。


ページトップボタン