オプトワン歯科カルテシステムの内容についての質問

POS(Problem Oriented System:問題志向システム)は、どのようなことを目指しているのですか?

POS医療指向の歯科カルテでは、患者さんへの全人的ケアをお手伝いすることが究極の目的です。
患者さんの問題を明確にとらえ、その問題解決を論理的に進めていくために、歯科医療でも問診票のカルテ転記や患者コミュニケーション機能で きめ細かくサポートしています。
歯科医療機関としては、単に患者さんの歯の痛みを解消するだけでなく、近くの「マイドクター」としての役割を果たすことを目指し、 そのための必須の道具として、問題志向型診療録(POMR)を提唱しています。
Opt.one®歯科カルテシステムでは、このようなコンセプトに基づく体系を、デンタルSOAP®システムとして実装しています。

POMR診療によるカルテ記載はどのように行うのですか?

POMR(問題志向型診療記録)式カルテでは、POSで用いられる一貫した論理構成をもつ診療記録を作ります。
初診時の問題リストの作成から、初期治療計画などが、以下の手順に従って作成できるようサポートします。

  • 基礎データ:問診票、主訴、既往歴、病歴、診察所見、検査データ等から作成
  • 問題リスト:基礎データから得られた患者の持つ問題を全身的、全生活的に取り上げて記載
  • 初期治療計画:問題リストで取り上げた問題に対する治療計画を記載
  • 経過観察:取り上げた問題の経過状況をSOAP形式で記載する

経過記録はSOAP式ですか?

Opt.one®カルテシステムでは、経過記録はデンタルSOAP®システムとして体系化され、 以下の手順でSOAP式でカルテ記入できます。

  • S(Subjective)患者が提供する主観的情報
  • O(Objective)医師や他スタッフが明らかにした客観的情報
  • A(Assessment)医師や他スタッフの評価、診断、考察
  • P(Plan)治療、ケアの計画

「インフォームドコンセント」はどのように実現できますか?

(画像)検査画像やコンテンツ画像を使って患者さんに治療内容を説明するだけでなく、 患者さんに対して説明を行なったエビデンスとしてカルテ記録できます。

「問診票」は、このカルテシステムでどのような位置づけですか?

患者さんとのコミュニケーション向上を図ります。
問診票も重要な診療記録の一部として管理されます。 多岐にわたる問診結果もテンプレート機能によりマウスクリックだけの簡単操-作で登録できます。
そして受付で入力された問診内容は診療室で確認できるだけでなく、カルテ作成時に主訴や既往歴として自動引用されます。

「患者メモ」機能はどのように使いますか?

患者さんを徹底的にケアするために、受付・先生・歯科衛生士さんなどの間の患者さん情報を間違いなく伝える役割を果たします。
処置内容や問診情報はもちろんこと、全人的医療をサポートするあらゆる情報を管理することができます。 これらの情報はいつでも直ちに医療スタッフ間で共有可能であり、最高のケアを目指す一連の作業システムを支援します。

「申し送り」機能は何のために必要ですか?

医療スタッフ間の業務メッセージを、正確に・素早く・確実に伝達し、能率的な業務連携を促します。
特に先生から受付スタッフへの業務メッセージは、受付や次回予約内容の確認など、患者さんとの間違いない意思疎通に重要な役割を果たしてくれます。

「患者提供文書」はどのように印刷しますか?

患者さんも納得の提供文書は、会計時に自動作成されます。
提供文書はカルテに入力された内容から自動的に作成されますので、他のレセコンのように別画面で提供文章を作成する必要はありません。 さらに、カルテに入力された専門用語は患者さんが理解できる言葉に置き換えられ、よりわかりやすい文章となって発行されます。

訪問診療に対応していますか?

はい、対応しています。医院から持ち出すモバイルPCで、訪問先の現場で診療内容のカルテ入力できます。
請求処理や入金処理をまとめて行うことができ、歯科衛生士の業務記録入力、ケアマネージャへの提供文章作成、さらに、 介護保険も職制(Dr・DH・DA)、時間、場所、回数、患者人数などから自動算定してくれます。

P病名確定処理の方法を教えてください。

歯周検査に関連する病名一覧(医師が事前設定)を表示し、医師が内容を確認後、確定処理を行います。P1、P2、P3の部位と病名を検索表示し、診療の流れに沿った、論理的で科学的なカルテ作成をシステムがサポートします。

歯科衛生士の仕事のシステムサポート機能はありますか?

歯周病や加齢によって歯肉が下がっている場合、歯周ポケット測定だけでは十分な診断は行なえません。 歯周検査はアタッチメントレベル対応なので、ポケット値とあわせてアタッチメントレベルを記録することで病状を正確に把握できるようになります。

SOAP式衛生士業務記録ってなんですか?

衛生士業務記録でも高品質診療をサポートするために、SOAP形式で的確に記録できるようにしました。 時間がかかりがちな歯科衛生士業務記録の作成をマウスクリックによるテンプレート入力で簡単に行なえるだけでなく、 カルテとの整合性もきちんと確保することができます。

介護保険に対応していますか?

はい、対応しています。医療保険と介護保険を同時に計算しますので、訪問診療時などの請求を漏らすことはありません。

個別指導などの対応について教えてください。

オプトワンの歯科カルテシステムは、POS指向医療によるPOMR式診療録で、 エビデンスに基づくカルテ記載を保障しますので、カルテを実際の診療に沿って正確に記録します。 厚生労働省の基準に沿ったカルテ作成を意図して設計されていますので、個別指導にも対応しやすいと言えます。


ページトップボタン