問診表から始まる患者コミュニケーション

歯科医療の問診

歯科医院内でのチーム医療の充実は、患者サービスや医療品質の向上のみならず、 多くの疾患を抱える高齢者医療の患者安全のためにも必要とされています。
患者の状況、問題点の的確な把握とその情報の共有化のために、医療面接が必須の要件になります。

オプトワンの歯科カルテシステムは、この「適切な医療面接」をサポートするために、 POS医療POMRカルテの第一歩として問診票によるコミュニケーションを推奨しています。

iPad用問診表入力アプリ One.Interview® (オプション)

歯科用問診票サンプル

歯科問診の重要性

POS・POMR診療の観点から、歯科における問診は、基本的な主訴・歯科病歴の他に患者の医科病歴、処方薬剤の確認が重要になり、 問診票ツールを使って医院内での情報共有を図ります。

チームで創る医療安全:

受付スタッフが事前のヒアリングで聞いた「高血圧の患者さんです」「糖尿病の患者さんです」などの様な確認メッセージ、 患者さんに記入してもらう問診票、医師や衛生士の申し送り事項など、医院内での間違いない情報伝達をシステム的に行います。

患者さんの日常を知る:

歯磨きの状態の他に、個々の患者さんの体調や摂取中の薬剤情報も大切です。高血圧、心臓病、糖尿病などに関連する薬剤と歯科治療との兼ね合いを知っておくことは、 医療スタッフ間できめ細やかで高品質な患者ケア―をサポートするのに役立ちます。

患者コミュニケーションは問診票から

特に高齢者治療においては、合併症とのリスク評価が重要になります。問診票の内容をカルテに自動転記することにより、確実に患者さんの状態を、 歯科医師、衛生士で共有でき歯科治療における安全管理に役立たせることが出来ます。

ページトップボタン