『オンライン資格確認システム』の申込み・ご相談窓口

『オンライン資格確認』導入で、返戻を減らせます。
導入費用39万円(税別)のうち、 3/4 が補助金の対象となります


『オンライン資格確認』導入のメリット

◆資格誤りレセプトの再請求作業を減らせます

事前に登録済みの保険証が有効であるかを確認できるため、資格喪失後の受信による返戻を減らせます。

◆保険者が変わっても返戻されなくなります

勤務先の変更などにより月の途中で保険者が変更になった場合、変更後の有効な保険者へレセプトが振替送付されます。
※2021年10月請求分から開始予定です
※公費負担及び高額療養費該当等レセプトは対象外です

◆限度額適用認定証が必要なくなります

患者本人から情報閲覧の同意を得た場合、マイナンバーカードによる限度額適用認定証等の情報の取得が可能になります。

◆月初めの資格確認がオンラインで確認可能に

  • Opt.oneからの事前確認により、月初めの患者様の保険証提示が不要になります。
  • マイナンバーカードの場合は、新しい保険情報もその場で取得できます。

◆特定検診情報でより質の高い医療を

患者様の同意を得て取得した特定検診や薬剤の情報を、カルテやiPadで治療時に確認できるので、患者様に合わせたきめ細やかな治療が可能になります。
令和3年9月以降のレセプトが対象です

◆併用禁忌チェックでヒヤリハット防止

オプション「薬剤相互作用」なら、併用禁忌チェックで患者様の服用薬との禁忌薬剤も確認できるので、安全な薬剤投与に役立ちます。
※「オンライン資格確認」をお申込みの場合は、「薬剤相互作用」が無料でお使いいただけます

厚生労働省のご協力による「オンライン資格確認」のセミナーを開催しました。
こちらから録画視聴いただけます。

本WEBセミナーでは、オンライン資格確認を主導されている、厚生労働省医療介護連携政策課長 山下 護氏をお招きし、 オンライン資格確認が医療現場に何をもたらし、日本の医療の未来にどのような影響を及ぼすのか、 また、導入に関わる補助金の詳細なども説明して頂きました。
オプテックからは、これからオンライン資格確認の導入をお考えの歯科医院の皆様に、当社でのオンライン資格確認への取組み事例 (サービス内容、価格)についても詳しくご説明させて頂きました。

オンライン資格確認セミナー

「オンライン資格確認」導入のための厚生労働省制作ビデオ

オンライン資格確認導入「概要編」

「導入後の業務と機能編」

医療機関に向けた基本説明(2020年11月発表)

ページトップボタン